福岡市の「慢性腰痛」専門整体院 福佳〜ふっか〜

080-4311-8774

ブログ

2020/09/20(日)

【坐骨神経痛】座っているとお尻がシビれる人がやるべき2つのこと

カテゴリー:座骨神経痛

 

From 松尾尚輝
福岡の治療院より、、、

 

 

長時間座っていると
お尻が”じゅくじゅく”痛みませんか?

 

 

・なぜか、座っていると
お尻の奥のシビレや痛みがひどくなる、、、

 

 

・痛くなったら
立ったり歩いていたりするほうが楽になる、、、

 

 

・座っていると必ずでるから
仕事に集中できずにうんざりしている、、、

 

 

こんな坐骨神経痛は、
もしかすると

 

 

【お尻の筋肉が硬い】
【骨盤の不安定】による
問題かもしれません。

 

 

座っているとなぜお尻が痛い・シビれるのか?

 

座っている時は
骨盤が後ろに傾きます(骨盤の後傾)

 

 

「骨盤が後ろに傾く」というのは
PSISといって腰の後ろの出っ張った骨が
仙骨に対して離れる方向にもっていかれる状態です。

 

 

骨盤を後ろに傾かせる筋肉として
「中殿筋」という筋肉や
太ももの後ろにある
「ハムストリングス」という筋肉が
あります。

 

 

この時に「大殿筋」という
お尻の筋肉がしっかり働いていれば
中殿筋やハムストリングスによって
骨盤が後ろに傾くのを防いでくれて
骨盤の安定性を担ってくれます。

 

 

しかし、
デスクワークなどが長時間続いていると
大殿筋が上手く働かず骨盤が不安定になるんですね。

 

 

その結果、
骨盤周囲の靭帯や神経などは引っ張られ放題になって
座っているとお尻が痛かったり痺れたり、
腰が痛いという症状が出てきます。

 

 

そのため
あなたがやるべきことは
・お尻周りの筋肉をストレッチしたりマッサージしたりすること。
・施術で股関節周囲を柔らかくしてもらうこと。
これが大事になってきます。

 

 

ですが!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
これで終わってしまっては残念ながら治りません。

 

 

先程お伝えしたように
座っているときのお尻の痺れや痛み、
腰痛は骨盤が不安定になっている状態です。

 

 

なのでお尻のマッサージやストレッチだけしても
一瞬は楽になりますが、
座っているとまた痛くなってくるという現象が起きます。

 

 

では何が必要なのか?というと
大殿筋の筋力トレーニングが
必要になってきます。

 

 

股関節周りのストレッチ
大殿筋の筋力トレーニング

 

 

ここまでやって初めて改善してきますね。

 

 

もし、この症状に該当するかも、、、
というあなたは、
ぜひこちらも確認してみてください。

クリックしてスマホストレッチを確認する

 

 

ぜひ、
ストレッチ試してみてくださいね^ ^

 

 

そして
大殿筋の筋力トレーニングも忘れずに!

 

 

ー整体院福佳
松尾尚輝

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

診察予約は今すぐお電話で

080-4311-8774

受付時間 10:00〜20:00(不定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

※診察時間は9時〜21時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。
診察時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。