福岡市の「慢性腰痛」専門整体院 福佳〜ふっか〜

080-4311-8774

ブログ

2019/05/19(日)

【重傷者向け】腰痛は”肝臓”が原因!!

カテゴリー:内臓と腰痛

 


From:自宅のデスクから、、、
BGM:なし

 

 

この間、森林浴したいと言っていたと思うのですが
行ってきました!!

 

 

これはお屋敷?の2階から撮影したものです。
うるし机だったかな?が鏡の役割をしていて、森林がいい感じに見えるんですよね〜

 

 

癒やされました!

 

 

どうも
松尾尚輝です♪

 

 

さて本題に入りますが

 

 

あなたは
こんなお悩みはありませんか?

 

 

「病院に行ってもなかなか腰痛がよくならない」

「筋肉や関節を治療したのに一向良くならない…」

 

 

など。

 

 

実はその症状“肝臓”が原因かもしれません。

 

 

腰痛に肝臓が原因となる理由

腰痛に内臓と聞くと、

 

 

「関係がない」と思われがちですが
実は関係ありまくりです!!

 

 

たとえばですが、
腎臓に病気がある人は腰が痛くなりやすいですし、
急性膵炎となると背中が痛くなる人もいます。

 

 

つまり内臓が病気になったり、疲れたりすると筋肉が硬くなるという法則が
体には備わっています。

 

 

ではなぜ肝臓が腰痛とかかわりがあるのかというと
肝臓に血が溜まってしまい、流れないからです!
これを”うっ血”と呼びます。

 

 

本来肝臓には血液が循環しているのですが、
病気や疲れたりすると、循環できなくなり、血液が肝臓にうっ滞していきます。

 

 

そうすると
本来肝臓に向かって流れている部分の血流も滞ってしまいます。

 

 

そしてその隣も同じようになっていきます。

 

 

この状態がやがて脊髄や神経根といわれるところに血液がうっ血してしまうと
脊髄や神経根を圧迫することによって、その情報が脳みそに行き、
「筋肉を硬くめろ」と支持を出すことによって腰の筋肉が硬くなり
腰痛がでてくるわけです。

 

 

特に日頃

・お酒を飲んでいる

・痛み止めをはじめとするその他の薬(高血圧、心臓病など全ての薬)を服薬している

・アトピーやアレルギー体質である

・ポテトチップスやファストフード、揚げ物など食生活が乱れている

こういった場合は肝臓が疲れやすくうっ血しやすいです。

 

 

そのため、このような腰痛は筋肉や関節の調整をしても
改善するわけないんです。

 

 

今日はそんな肝臓を自分でメンテナンスする方法をお伝えしていますので
ぜひご覧ください。

 

 

ご確認はこちらから


本日もご覧いただき本当にありがとうございました(^^)

 

 

ー松尾 尚輝

 

 

PS.
あなたの健康をサポートする「月間福佳」
期間限定”初月無料”
↓↓↓

https://goo.gl/jtRVcW
*詳しくは↑こちら↑をクリック。

 

 

PPS.
これ無料でプレゼント中です。
もしよければどうぞ。
↓↓↓
スクリーンショット 2017-12-09 17.30.38
https://goo.gl/7uXkxw
*↑こちら↑は無料版になります。

 

 

PPPS.
LINEだけで公開!
役立つ腰痛情報から、
私のプライベートもちょっぴりだけご紹介!
↓↓
友だち追加

 

 

PPPPS.
「youtubeだけの限定動画」を配信中!
チャンネル登録はこちらから
↓↓
スクリーンショット 2017-05-23 12.26.28
*ここをクリックして、次の画面の右側の「チャンネル登録」ボタンを押してください。

 

 

39020806

 

 

福岡市で腰痛でお悩みの方はいますぐコチラまで
↓↓
福岡市の「慢性腰痛」専門整体院 福佳 -fukka- 専用電話

080-4311-8774

「はい、整体院福佳です!」と電話に出ますので、
「ブログを見て、予約したいのですが」とお伝えください。

 

 

 

診察予約は今すぐお電話で

080-4311-8774

受付時間 10:00〜20:00(不定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

※診察時間は9時〜21時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。
診察時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。