福岡市の「慢性腰痛」専門整体院 福佳〜ふっか〜

080-4311-8774

ブログ

2019/04/15(月)

脊柱菅狭窄症が治らない理由が”寝相”にあった!!

カテゴリー:腰部脊柱管狭窄症

 


From:福岡市内のデスクから、、、
BGM:バルセロナvsウエスカの試合を見ながら

 

 

4年前ぐらいに行った厳島神社でのおみくじです。
「大吉」でした。

 

 

縁談も「良し」と書いてあり
超絶幸せな春がやってくると思っていました。

 

 

そこから4年経った2019年春、未だに僕には春が来ていないです。笑
2015年1月から冬がずっと続いてます!笑

 

 

なぜだ〜!!!笑

 

 

どうも
松尾尚輝です♪

 

 

さて本題に入りますが

 

 

あなたは
こんなお悩みはありませんか?

 

 

「脊柱管狭窄症の治療をしているのになかなか治らない」

「仰向けに寝ていると腰が痛かったり、足腰に力が入らなくなる」

 

 

その症状
「あなたの寝方が悪いせいで脊柱菅狭窄症が治らないのかもしれません」

 

脊柱菅狭窄症とは?

脊柱菅狭窄症とは背骨で構成された脊柱管が何かしらが原因で
狭くなることにより神経を圧迫することによって、腰痛や脚に痺れや痛みが出ます。

 

 

特徴的な所見として
歩行中に脚が痺れてくるがしゃがんだり座ったりすると症状が落ち着いて
再度同じ距離を歩けるという間欠性跛行というのがあります。

 

 

これが重症度によって
30分歩ける人もいれば30mで痛みが出てくる人もいます。

 

 

まずここで注意していただきたいのが
排尿障害といって排泄に何かしら異常をきたしている場合は
必ず病院へ受診しに行ってください。

 

 

しかし、そういった症状は出ていないけど間欠性跛行や腰痛がある分に関しては
僕たちでも対応できる問題です。

 

 

では何が原因で脊柱管が狭窄してしまうのか?
それは腸腰筋という”お腹の筋肉”が原因です。

 

 

 

脊柱菅狭窄症を引き起こす腸腰筋とは?

腸腰筋は
背骨の腰の骨の横から太ももの内側に向かって走っている大腰筋と
腸骨の内側から同じく太もも内側に向かって走っている腸骨筋が合わさった筋肉です。

腸腰筋は日頃
歩行、座位、立位などすべての動きにかかわり、上半身と下半身の関係性を担っている筋肉です。
そのため、使用頻度がものすごく高く、硬くなりやすいです。
硬くなると脊柱菅狭窄症の症状がでます。

 

 

なぜ腸腰筋が硬くなると、そういう症状がでるのか?というと
腸腰筋は背骨から太ももの内側についていますので、硬くなると
太もも内側に向かって背骨が近づいていきます。
つまり”反り腰”の状態になります。

 

 

反り腰になるとどうなるのかというと
脊柱菅が狭くなり神経を圧迫します。
それによって脚の痺れや痛みを引き起こすわけなのです。

 

 

 

脊柱菅狭窄症で仰向けがダメな理由?

あなたは脊柱菅狭窄症なのに
“仰向け”で寝ていませんか?

 

 

仰向けは絶対にダメです。

 

 

なぜなら仰向けは腸腰筋を硬くさせる姿勢だからです。
下の画像をご覧ください。

 

これは人が仰向けに寝ている状態です。
青色に光っているのが腸腰筋なのですが
先述したように腸腰筋が硬くなると反り腰を作ってしまいます。

 

 

そのため、仰向けをとるということは反り腰を助長します。

 

 

反り腰になってしまうと
脊柱菅が狭窄され、腰痛や足腰のだるさがでてきてしまいます。

 

 

なので、せっかく脊柱菅狭窄症の治療をしているのに
あなたの寝相によって脊柱菅狭窄症が治らないのかもしれません。

 

 

ではどうやって寝たら良いのか?

 

 

それは横向きで上の膝を曲げて寝る状態です。
(詳しくは動画をご覧ください)

 

 

この状態であれば
腸腰筋は緩んだ状態ですし、なおかつ狭窄している脊柱管を広げてあげれる姿勢となります。

 

 

こうやって寝ることで
来院されていない間も症状が悪化しないようにすることができます。

 

 

つまり、話をまとめると
仰向けに寝る
↓ ↓ ↓
大腰筋が硬くなる
↓ ↓ ↓
反り腰になる
↓ ↓ ↓
脊柱管が狭くなり神経が圧迫される
↓ ↓ ↓
仰向けに寝らず痛い方を上にして横向きに寝る
↓ ↓ ↓
脊柱管が広くなり圧迫されていた神経が開放され、腸腰筋も緩んでいる
↓ ↓ ↓
脊柱管の悪化を防ぐ

 

 

となります。

 

 

今日は脊柱菅狭窄症に正しい寝方をお伝えしていますので
ぜひご覧ください。

 

 

ご確認はこちらから


本日もご覧いただき本当にありがとうございました(^^)

 

 

ー松尾 尚輝

 

 

PS.
あなたの健康をサポートする「月間福佳」
期間限定”初月無料”
↓↓↓

https://goo.gl/jtRVcW
*詳しくは↑こちら↑をクリック。

 

 

PPS.
これ無料でプレゼント中です。
もしよければどうぞ。
↓↓↓
スクリーンショット 2017-12-09 17.30.38
https://goo.gl/7uXkxw
*↑こちら↑は無料版になります。

 

 

PPPS.
LINEだけで公開!
役立つ腰痛情報から、
私のプライベートもちょっぴりだけご紹介!
↓↓
友だち追加

 

 

PPPPS.
「youtubeだけの限定動画」を配信中!
チャンネル登録はこちらから
↓↓
スクリーンショット 2017-05-23 12.26.28
*ここをクリックして、次の画面の右側の「チャンネル登録」ボタンを押してください。

 

 

39020806

 

 

福岡市で腰痛でお悩みの方はいますぐコチラまで
↓↓
福岡市の「慢性腰痛」専門整体院 福佳 -fukka- 専用電話

080-4311-8774

「はい、整体院福佳です!」と電話に出ますので、
「ブログを見て、予約したいのですが」とお伝えください。

 

 

 

診察予約は今すぐお電話で

080-4311-8774

受付時間 10:00〜20:00(不定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

※診察時間は9時〜21時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。
診察時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。